出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • 子どもの頃好きでした

    4.0

    私が子どもの頃好きだった絵本の一冊です。ストーリーもそうですが、かいじゅう達の絵がとても好きだったのを覚えています。一歳の子どもにはまだ難しいかなぁとは思います。年齢に合わせて、徐々に読んであげたいなって思います。...続きを読む

  • 何事も経験

    5.0

    表紙のペチューニアの得意げな表情が可愛い。 本を持っているだけで賢くなったと思い込み、次々に皆を助けたつもりが、大変なことになってしまう。そして最後は「本は中身を頭や心に入れなくちゃ。そのために字を覚えなきゃ。」とわかり、うれしくなるペチューニア。すぐさま勉強にとりかかり、いつの日か本当に賢くなり、きっとみんなを幸せにしてあげられるでし...続きを読む

  • まったくハマらず!

    3.0

    ファンタジーが苦手、な訳ではないけれど息子は全くハマりませんでした。 まず絵が怖いそうで、男の子が裸になってしまうのが意味不明、謎の世界も料理人も、男の子がミルクと間違えられてしまうのも恐ろしく、一度読み聞かせして「この本はもういい」と言われてしまいました。 言葉のリズムの楽しさや世界観にハマる子はすごく好きになる絵本なのかなあと思い...続きを読む

  • 泣いてもいいよ、ヨランテ

    3.0

    • 朝枝ナオさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子2歳

    亡くなることを捉えて伝えることの難しさ。 イラストの柔らかいタッチにも関わらず「友人の死」というテーマに取り組んでいることに惹かれて手に取りました。 が、大人として落としどころを見つけたんだな…と少しがっかりしたのが正直な感想です。 親友のクリズナが居ないことに怒っている感情 その怒りのパワーで、どこそこと探し回る衝動 ...続きを読む

  • 男の子は伸び伸びと

    5.0

    • なりおママさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    この物語を読むと、母として少し安心するのです。 うちの内弁慶の息子もマックスと同じように家の中で大暴れします。 私はその激しさと荒々しさにイライラしてしまい、感情に任せて叱り付けてしまうことが多々あります。 叱り付けた後には、活発に動きたい息子を押さえ付けてしまったのではないか、、 という自問をして後悔するのです。 けれど、...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット
ナッナッネユアセヤレマ゚ケロソエク゚ヌ袒ミホト-ナッナッハモニオ ク゚ヌ ネユアセ
ーヘヌ猾リ| コヤュマリ| カィア゚マリ| ヤニトマハ。| ク。ノスマリ| ホフヤエマリ| タ・テハミ| ソ箋オマリ| ホレコ」ハミ| ユチハハミ| ヘコ」ハミ| モタミヒマリ| ソェヤュハミ| シスヨンハミ| アアチハミ| トマトセチヨマリ| ソェヤカハミ| テッテハミ| ヌャーイマリ| ラヤニマリ| サンヨンハミ| チネェハミ| 菘ヨンハミ| モタエィハミ|